iPhoneとAndroidスマホはどっちが良い?

そろそろ新型iPhoneが発表される時期ですね。自分は新型iPhoneに指紋認証があれば予約して発売日に手に入れようと思っています。

ところで、スマホと言えばiPhoneとAndroid端末がほとんどですが、iPhoneとAndroidスマホ、どっちが良いと思いますか?

今回はAndroidスマホ、iPhoneどちらも使ってきた経験から感じたメリットやデメリットなどを書いていこうと思います。

使ってきたスマホ

まずは、自分が今までに使ってきたスマホを書いておきましょう。

Xperia ax (Android) → Xperia z1 (Android) → Xperia XZ (Android) → iPhone X (iPhone / iOS)

という感じです。なのでAndroidスマホとiPhone比較というよりは、XperiaとiPhone比較になりそうですね。

AndroidスマホとiPhone比較

Androidスマホのメリット

・情強ぶれる
Android勢の意見を見てみると、だいたいの人情強感でてますね。とりあえず自由度がー、効率がーなんて言ってますよね。そう言ってる人のどれくらいが、その自由度を活かしたカスタマイズをしていて、どんな効率的な仕事をしているのか気になりますね。

・機種が多い
冗談はさておき、Androidスマホはいろいろなメーカーで出ています。ソニーのXperia、サムスンならGalaxyなど、それぞれスペックやデザインが違うので、自分のこだわる部分で選び購入することができます。

全体的なスペック重視の人、外観デザイン重視の人、他にはカメラなど一部機能のスペックを重視する人など、その人に合った機種を選ぶことができるのは魅力です。

・カスタマイズ性が高い
実際Android端末はウィジェットをホーム画面に自由配置できるなど、カスタマイズ性は高いです。他にもあまり使わないけど必要なアプリはホーム画面に表示しないようにできるので、この点はかなり使い勝手が良いです。

・外部アプリをインストールできる
通常ならAndroid端末ではGoogle Play、iOS端末ではApp Storeからアプリをダウンロードしますが、Android端末ではGoogle Play以外からもアプリをダウンロード、インストールすることができるのです。

・値段もいろいろ
Androidスマホは値段が安いのもあるので、そんな高い機種は買えないという人もスマホを持つことができます。

Androidスマホのデメリット

・機種によって情報の偏りがある
メリットで機種が多いと言いましたが、これがデメリットにもなります。

というのも、Androidスマホは様々なメーカーから出ているため、人気の機種だと情報も多いのですが、あまり人気ではない機種だと、その分情報も少なくなってしまいます。しかもあまり聞かないメーカーで、機種名も有名でないようなのになると、持ってる人がいてもガジェットオタクのような人が多く、ネットにある情報もかなりニッチだったりします。

なのでその機種の設定や、その端末特有のエラーが出ても、それに関する情報が少なかったり、全くないということにもなります。

・すぐ重くなる
自分の経験上、といってもXperiaシリーズしか使ってませんが、1年くらい使うと動作が目に見えて遅くなります。

自分のAndroidスマホの購入間隔はだいたい1年、長くても1年6カ月なんですよ、買い換えた理由は全て動作が重くなってストレスが溜まるから。

AndroidOSはgoogle開発で、機種は他の会社が作っているのでOSに最適化されてないということですぐ重くなるのでしょうかね。

・ケースが少ない
iPhone用のケースは種類がたくさん出てるのに対し、Androidスマホはケースが少ないです。

理由は簡単で、Androidは様々なメーカーから出ていて、機種によってサイズも形もなにもかもが違います。なのでケースメーカーもどのAndroidスマホ用のケースを作れば売れるのか予想しにくく、そのためAndroidスマホ用のケースは少ないのです。

XperiaやGalaxyのような人気機種なら他のAndroidスマホと比べるとケースも充実していますが、やはりiPhoneのケースの数には勝てません。

ですが、メリットでも述べた通り、機種が豊富なのでデザインなど、ケースに頼らなくても、ある程度なら自分好みにすることができますね。

 

はい、Androidスマホのメリットデメリットは以上になります。

次はiPhoneのメリットデメリットになります。

iPhoneのメリットデメリット

iPhoneのメリット

・操作がシンプル
iPhoneの操作は初めてスマホを持つ人にもおすすめできるほど簡単です。

・1台のスマホを長く使える
Androidはだいたい1年で重くなるとAndroidのデメリットのところで書きました。ではiPhoneはというと、全然重くなりません。

調べてみるとAndroidの平均寿命が1~2年程度、iPhoneが4年程度らしいです。

・ケースが豊富
iPhoneはAndroidスマホと違い、Appleからしか出ていません。そのおかげでサイズも形も限られているのでケースを作りやすいのです。同人グッズとして販売されているケースもiPhoneが圧倒的に多いです。

・情報が多い
iPhoneはAndroidスマホみたいにいろんな機種が出てるわけでもないので、不具合などが出てきたときにネットで調べるとすぐに目当ての情報が出てきます。

AndroidスマホだとOS特有のバグと機種特有のバグがあるので、目当ての情報がなかなか見つからないことがあるのですが、iPhoneはOSも機種もAppleなのですぐに情報が見つかったり、修正パッチがすぐ当てられるのもメリットになりますね。

・ゲームが快適
ゲーム以外も快適にできますが、ゲーマー日記なので申し訳程度にゲーム要素を入れておきます。

Androidでデレステをやっていた時と、iPhoneでデレステをやったときを比べると、圧倒的にiPhoneの方がやりやすかったです。なんといってもあの滑らかな動きのおかげでノーツを叩きやすかったです。

iPhoneのデメリット

・情強ぶったAndroid勢に貶される
Android勢から、カスタマイズ性がー、SDカードがー、画面がすぐ割れるーだの、とりあえずAndroid勢に貶されます。

・値段が高い
Androidスマホは安いのだと1万円台のもありますが、iPhoneは最近ではだいたい10万前後と高価です。
ただ、1万のAndroidスマホとiPhoneは比べれるようなものじゃないですし、Androidスマホにも10万前後の機種はあります。

しかも経験上Androidスマホは1年くらいで動作が重くなってきます。自分はこれで10万前後するAndroidスマホを約1年で買い換えています。

先ほど言ったiPhoneの寿命は4年程度ということなので、場合によってはiPhoneを買った方が安上がりということもあるので、自分はiPhoneに限って値段が高いというとこはデメリットとして見ていません。

・SDカードが使えない
よく言われることですが、iPhoneの内部ストレージは256GBとか512GBと大容量です。だいたいの人はこの内部ストレージで十分です。なのでこれがデメリットかと言われると正直どうだろう、といったところ。

ただAndroidスマホからiPhoneに乗り換えた時に、写真などのデータをAndroidスマホからiPhoneに移行させるのが少し手間ですね。

・画面が割れやすい
これもよく言われますし、実際に画面がバッキバキに割れてるiPhoneを使ってる人をよく見ますよね。ですがこれって画面がバキバキに割れても問題なく使えるということですよね。

自分もiPhoneを電車内で落としたことがあるのですが、画面は全然割れませんでした。なので多くの人が思っているほど画面が割れやすいなんてことはないと思います。

ではなぜ画面が割れやすい、という情報が多いかというと、推測ですが、画面が割れても問題なく使えてしまうため、割れたまま使ってる人が多く、そのせいで割れやすい、と思う人が多いのではないでしょうか。

・イヤホンジャックがない
最近のiPhoneはイヤホンジャックがありません。ただワイヤレスイヤホンが普及していることから、たいして問題ないでしょう。

遅延が気になるなら変換端子を買うか、ライトニング接続イヤホンもあるので、そちらを購入すれば問題ないですね。

・カスタマイズ性が低い
Androidスマホと比べてカスタマイズ性が低いです。

例えばAndroidスマホではウィジェットはホーム画面の好きな位置に配置できると言いましたが、iPhoneはどうかと言うと、ホーム画面とは別にウィジェット専用の画面があり、そこにまとめられて配置される感じになります

自分はAndroidスマホでは様々なウィジェットをホーム画面に置いていたので、最初はかなり戸惑い不便に感じましたね。

また不要なアプリをホーム画面外に置くことができないので、フォルダを作りそこにアプリをまとめるような感じになるのも、少し不便だなと感じましたね。

他にも標準ブラウザを変更できないことですね。自分はPCではクロームを使っていて、ブックマークをアカウントごとで共有できるのでスマホでもクロームを使いたかったのですが、iPhoneだと標準ブラウザを変更することができないので、メールなどでリンクを開いたときにsafariでしか開けません。これはAndroidスマホからiPhoneに乗り換えた時は不便に感じましたね。

 

以上がメリットデメリットになります。

シェア率はAndroidが多い・・・が

よくAndroidユーザーがiPhoneにマウントを取るときに使うのが、シェア率です。

世界的に見てもAndroidスマホのシェア率はiPhoneよりも高いみたいですが、その理由は、Androidは値段がすごい安いのがあるので、所謂貧困層でも持つことができます。世界的に見ると貧困層の方が多いので、その分シェア率が高くなるのです。

なのでシェア率が高くても別にAndroidスマホがスペックや機能性が優れているということにはなりません。

AndroidとiPhoneを両方使った個人的感想

今までのメリットデメリットとかも個人的感想みたいなとこありますが

最後にまとめておきたいと思います。

まず、Androidで便利だなと思った点は、ウィジェット面ですね。どれくらい通信料を使っているかを確認できるウィジェットや、世界時計に為替情報などのウィジェットをロック画面を解除してすぐ出て来るホーム画面に置けたので、かなり重宝していました。

あとはデータを直接いじれることとかですかね。

次にiPhoneに乗り換えて良かった点です。まずなんと言っても動作がサクサクなことですね。Androidスマホも買ったときはサクサク動いてはいたけども、1年くらいで動きが悪くカクカクした感じになってきました。自分はそのタイミングで買い替えていたので2年以降の動きは知りません。

ちなみに、iPhoneはそろそろ2年になりますけど、全然動きが遅くなってきたなんて感じません。なのでAndroidスマホのときみたいに短期間で買い替えようなんて思いませんね。新型iPhoneに指紋認証が付いていたら買い替えますが。

あとはケースや外付けガジェットの種類が豊富ということ。ケースはともかく、外付けのガジェットってやっぱり統一規格のiPhoneは作りやすいのか種類が多いんですよね。Androidスマホを使ってるときは、これ欲しいというガジェットがほとんどiPhoneシリーズにしか対応していなく悲しい思いをしていましたので、やっぱりiPhoneに買い替えて正解だと思いましたね。

最後に

もし、自分が人にスマホをすすめる場合、サブ用やスマホデビューなどで安いスマホを探している人にはAndroidスマホ、ゲーム用や1台のスマホを長く使おうとしている人にはiPhoneをおすすめします。

ちなみに、自分はメインでiPhone X、サブとしてXperia XZを使っています。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました