追記あり AIイラスト騒動で生まれてしまったモンスターの話

※1/27 一部表現をマイルドにしました。

※1/19 AIイラスト関係の法律が書かれている記事を追加しました。

またまたAIイラスト関係の記事です。

今まではAIイラストに関するテクニックやノートブックなどの記事でしたが
今回はTwitterでよく見る、AIイラストに対して騒ぎまくる反AIについて書いていこうと思います。

この記事で取り扱っている内容は主に日本で起こったことです。海外での炎上は最初から情報を追っている訳ではないのでまとめていません。

AIイラスト関係の法律

弁護士による、AIイラストの学習と出力に関する法律の記事です。

Midjourney、Stable Diffusion、mimicなどの画像自動生成AIと著作権

Midjourney、Stable Diffusion、mimicなどの画像自動生成AIと著作権(その2)

学習も生成も問題ありません。生成は一部例外となっていますが、これはAIだから起こる問題ではなく、AIを使わない完全な手描きだったとしても起こりえる問題です。

img2imgで他人のイラストを許可なく読み込ませ公開という行為は、従来のトレパクなのでAIに限った事ではありません。

AIイラストと炎上の歴史

MidjourneyあたりからAIイラストと炎上の流れを簡単にまとめてみます。

2022年7月Midjourneyのオープンベータが開始
 →これにより多くの人にAIイラストが知られることになりました。

2022年8月 : Stable Diffusionのオープンソース化
 →AIイラストの普及は、このStable Diffusionがオープンソース化したおかげですね。
  一般的なPCでも画像生成が出来るという事で人気になり、waifu diffusionやNovel AIなど
  様々な派生モデルが誕生しました。

この段階ではまだ絵師たちからの文句は出ていません。むしろMidjourneyやStable Diffusionを使ってみんなと一緒に「すごーい」とやっていました。

2022年8月 : Textual Inversionの普及
 →Stable Diffusionがオープンソース化され、画風などを学習できるTextual Inversionという技術がTwitterなどで拡散されました。

2022年8月 : mimicの登場
 →AIイラストが炎上し、反AIを生み出すきっかけになったmimicが登場します。
  絵師がAI否定を行い、お気持ちだとかラッダイト運動だとか言われ炎上したやつですね。

2022年10月 : Novel AIに画像生成AIが実装
→クオリティの高いAIイラストを生成できるようになる。ここでもまた炎上します。

2022年10月 : Novel AIがリークされる
 →Novel AIに画像生成AIが実装されて早々に使用モデルなどがリークされてしまいました。

スポンサーリンク

mimic騒動

それでは反AIを生み出してしまった最初のきっかけ、mimic騒動について書いていきます。

このmimicではなにが出来るのかと言うと、AIに読み込ませた絵を元に、それに似た画風の絵を生成することが出来るというもの。要はTextual Inversionですね。

ただし、mimicには制約があり、顔のみの出力になってしまいます。(自分でTextual Inversionを使う場合は制約はなし)

Textual Inversionを紹介したツイートや、Textual Inversionを使って、いらすとやの画像を学習させた記事が炎上せず、なぜmimicが炎上したのか。

それは、mimicの宣伝が二次元キャラを生成できるというものだったから。
これが1番の理由でしょうね。mimicが出るまではこんな大規模な炎上なんてしてませんでしたからね。

これにより二次元キャラを描いている絵師が大激怒。それに合わせてその絵師のフォロワーも大激怒。今までMidjourneyやStable Diffusionで楽しんでたのに大激怒!

自分の分野に影響が出始めて騒ぎ立てることから、Twitterではラッダイト運動と揶揄されました。

また、当初のmimicでは規約で他人の絵を読み込ませる事は禁止にしていましたが、それを危惧した絵師の発言に問題がありました。

その絵師の発言が、「AI学習禁止」「AI学習禁止は当たり前」です。

この発言はmimicだけでなく、全ての学習を禁止という意味合いで発言していました。

AIを開発するにあたり、イラストなどを許諾無しで学習させるのは法律でも認められています
にも関わらず、絵師は「AI学習禁止」と言い続けました。もちろん技術者側は「法律で認められている」とソースも貼って反論していましたが、絵師は聞く耳持たず。

それに加え、AIイラストを投稿している人に対して「カップラーメン」だとか「人のふんど師」だとか大喜利を始める始末。こんなんじゃ話し合いになりませんね。

てか、人のふんど師って二次創作絵師にもぶっ刺さりですね。

そうこうしている内にmimicのサービスが一時停止に・・・。これによりTwitterでは「絵師のお気持ちでサービスを潰した」と大炎上。これにより技術者と絵師の間にはより一層深い溝が出来てしまいました。

ここで、絵師側が提示されたAI学習に関する法律を読み、発言内容を「AI学習禁止」ではなく「mimicで他の人の絵を読み込ませるのは禁止」や、mimic運営に対して「他人の絵を読み込ませた場合、どういう対応を取るのか」といった発言をしていれば違った未来があったかもしれません。

しかし、そんなことを言い出す絵師はいませんでした。

mimicのサービス一時停止のお知らせを受け、Textual Inversionを用いてmimicのような事ができ、全身を生成できるノートブックを公開する技術者も現れました。

しかしTwitterでは「mimicを潰したところでこんなサービスやモデルがある」とし、ERNIE-ViLGやwaifu diffusionを紹介する人もいました。

NovelAIに画像生成AIが実装

これは二次元特化の画像生成AIに革命が起きた出来事でした。stable diffusionではプロンプトに”anime”や”manga”、”pixiv”などとだいぶ二次元寄りのワードを入れなければなりませんでした。

waifu diffusionでは現在主流のdanbooruタグで生成できましたが、当時のwaifu diffusionはそこまで良いとも言えず・・・。

そこにdanbooruタグを使え、クオリティも高いNovelAIの登場。

しかしNovel AIは他の画像生成AIとは違い、サブスク形式のサービスでした。それでも画像生成AI実装後、多くの人が登録しTwitterやpixivなど、いろいろなSNSやイラスト投稿サイトにAIイラストが投稿され盛り上がりを見せました。

もちろん絵師らはまたもや猛反発。waifu diffusionと比べてクオリティが段違いに上がってしまったのと、サブスク形式だったからですね。

しかし、AIイラストはパっと見のクオリティは高いですが、ご存じの通り指など細部は全然なことが多いです。絵師たちもそれを知ってからは指がおかしいと文句を付けてきます。

であれば、細部をしっかり描ける絵師にとってAIイラストは敵ではないので、難癖付けてないで「細部を描けないAIなんて敵ではない」と強気で絵を描いていれば言いのに、なぜ文句を付けてくるのか分かりません。

以上が絵師の目立った反AI活動でしたが、最近のお気持ちしてる人達は少し違います。

スポンサーリンク

最近の反AI

最近の反AIは絵師ではなく自称絵師のサブ垢がやっています。

Novel AIあたりまでは絵師が騒いでいた印象ですが、法律で認められており、学習から生成まで問題ないのをようやく理解できたのか、騒いでる絵師は少なくなってきた気がします。むしろ漫画家がAIを取り入れたりしているので、ようやく食わず嫌いが治ってきたのかな?という印象。

しかし、今でも反AIをやっている人たちがいます。ですが、そんなアカウントのツイート内容は反AI活動のみのサブ垢ばかりです。中には絵師のサブ垢という人もいます。自称ですが

サブ垢で言っているということは、自分が馬鹿なことを言っている自覚があるということでしょうね。

批判内容も、議論し尽くされ合法だと結論が出た学習面だったりただの何癖だったりと、見ていて痛々しい人達です。

しかも、反AIの主張を見ると、どうも想像で叩いている人が多いようです。txt2imgとimg2imgの違いも分からないまま叩いていたりimg2imgを追加学習と言っている人もいました。

中にはAIイラスト投稿者の呼び方(AI絵師とかAI術師)について文句を言っている人もいたりしますが、呼び方なんてどうでも良いと思うんですが。無断学習だとかは建前でただ叩きたいだけなんでしょうかね。

であればAI技術の発展を阻害することはしないで頂きたい。

それだけでは飽き足らず、AIを肯定した絵師の粘着アンチになっていたり、AIイラストを投稿している人のツイートを引用リツイートし「手が変ですね、あ、AIだからか」とかイチャモンを付けていたり、酷いときだとツイートをスクリーンショットし、本人に通知がいかないように晒すという事もやっているようです。本当に迷惑な人達だと思います。

ただ、画像生成AIを悪用している人がいるもの事実です。洪水画像の拡散や、最近だとimg2imgを用いたパクりなど。

しかしこれらは画像生成AIが悪いのではなく悪用した人が悪いのですが、反AIの人達にはそれが理解できないようで、画像生成AIと問題を起こしていないAIイラスト投稿者を批判しています。

この批判が通るのなら、包丁なども批判しなければなりません。包丁だけではなくペンもそうですね。ペンだって先が尖っているので方法によっては・・・。

赤松議員の画像生成AIに対する動画

赤松議員による画像生成AIに対する動画が公開されています。

基本的に技術者やAIイラストを投稿している人達が言っていることと同じですが、反AIの人たちはどうもAIイラスト投稿者のいう事全てに噛みつきたいという人達みたいなので、この動画を紹介しておきます。

この動画でも法改正の必要はないと言っていますが、全く持ってその通りだと思います。反AIの人達は法規制を求めているようですが、なんでもかんでも法で縛ってしまうのは良くありません。画像生成AIだけでなく、他のAIの発展も阻害してしまう可能性があります。

またオプトインオプトアウト対価の支払いをも法律で強制しろという声もあるようですが、これも良くありません。

オプトイン、アウトを法律で定めてしまった場合、贔屓にしている企業には提供するけど、そうでないとこには提供しません。なんてことが起こってしまいます。

また、対価を強制してしまうと「あの企業はいくら出したけど、貴方はいくらなの?」というような事が起こったり、AIへの開発意欲と技術はあるけど資金がない、というベンチャーみたいなところが参入できなくなってしまいます。

こういうのもあるので、法規制するのは良くありません。

なので、自分の絵を学習データから外して欲しかったり対価が欲しいのであれば、AIイラスト投稿者に文句を付けるのではなく、AI開発者に交渉するようにしてみましょうね。払ってくれるかどうかは分かりませんけど。

学習データから外して欲しい場合は、金を払えば受け付けてくれるんじゃないでしょうかね。

最後に

画像生成AIはクリエイターの助けとなる便利なツールです。

そもそも、見る側からすれば手描きとかAIだとかは関係なく、良い絵だったり好みの絵であれば良いのです。特にTwitterやpixivみたいな一瞬見てすぐ次の絵を表示させるようなサイトではね。

それでは!

コメント

  1. くろねこ より:

    興味深く読めました。面白かったです。ラッダイト運動は初めて知りました。現在はネオ・ラッダイトとも呼ばれているようで‥、歴史は繰り返されるのかもしれませんね

  2. ミスー より:

    レスバ目的のコメントを削除しました。

タイトルとURLをコピーしました